相も変わらず 陽の目が見えず日がつずいています(R元・7・17)4H日光が出でくれました。

 今日は朝から鬱陶しい曇り空でした。何時ものように 午前中は家で静養して過ごしました。リビングで野鳥の餌を撒いたり 昆虫や蝶々とあそんですごしています。午後から陽が差してきたので畑に野菜の収穫作業に行ってきました。途中でオミナエシ畑に立ち寄り オオセイボウ(大青蜂)とあそんで来ました。何時見ても美しい 真青な蜂 やまびこさん 長く追いかけて撮影しています。時の経つのを忘れて撮影しています。ガンの治療中であることを忘れて小さな真青な蜂と 遊んで 病気のこと等 忘れて 疲れも忘れて 遊んでいます。好きなことをしていると 一向に疲れを感じませんよ。不思議ですね。だがしかし 夜 筋肉の硬直や筋の引き連れに見舞われて泣くことに成るでしょう。判っているが止められないね。おいどんの性分だから 死ぬまで治らんね。 畑で 野菜の収穫をしてきたが 長雨のため 野菜が病気や害虫に侵されてみるも無残に成っています。何とか 自分の家で食べる位の収穫は確保できています。野菜の中で元気なのはカボチャと里芋だけです。夕方 美しい夕映えが見られました。写真をクリックして拡大して見てね。 
DSC00162.JPG
DSC00163.JPG
 オオセイボウと蚕のウジバエのトラボ 写真をクリックして拡大して見てね。 
DSC00177.JPG
DSC00182.JPG
DSC00183.JPG
DSC00185.JPG
DSC00189.JPG
DSC00191.JPG
コミスジチョウやルリタテハ・モンシロチョウ、イチモンジチョウ、ジャコウアゲハチョウ等が遊んで居たが 今の蝶達は神経質で 撮影は難しいね。この木はサルナシ(マタタビ)です。
画像

コミスジチョウ(50㍉程度)
画像


ルリタテハチョウ (60㍉程度)
画像

イチモンジチョウ(70㍉程度) 追いかけて、追いかけて 漸く 撮影できた喜び 何物にも代えがたいね。毎日 こんな たわえもない 喜びを追いかけて過ごして居ます。人生て素晴らしいね!「ガンと闘う老人」負けてたまるか!!!
画像

ジャコウアゲハチョウ (110㍉程度)
画像

 ツマグロヒョウマンチョウ(70㍉程度)
画像

画像

 美しい蝶々ですね。やまびこさんの好きなポーズです。
画像

 ヒメアカタテハチョウ(55㍉)が庭に来てあそんでいます。このチョウは とても温和しく落ち着いているチョウで撮影し易いチョウチョですね。  美しいでしょ! 小型の蝶ですが やまびこさんの好きな蝶々です。
画像

 ペパーミント(ハーブ)の花の蜜が好きで 日柄一日遊んでいますよ。
画像

 きれいですね!!!
画像

画像

素晴らしいチョウチョですね。
画像

トルコブルーの斑点を持った 珍しいキタテハチョウ(60㍉程度)でした。初めて見ました。写真をクリックして拡大して見てね。
画像
 
この写真は縮小してないので 写真をクリックして拡大して見てね。素晴らしい渡りチョウ アサギマダラ(100㍉程度)に逢えるよ!同じ渡りチョウ アメリカでは何千~何万匹のオオカバマダラチョウが居て 素晴らしいよ。8/1 のNHK が放映し「やっぱりすごい昆虫たち」を見ましたがコスタリカで見られる昆虫たちは ここ千葉の山武市でも 大小は有るが ほどんと みる事が出来ますよ。地球を守る為に温暖化防止・農薬の軽減・昆虫の保護など 今から取り組まねば地球上の動植物の80%は植物連鎖により 地球上から滅亡してしまいます。急ぎましょう❣!!!!
画像

DSC00494.JPG
やまびこさんが卵から育てたアオスジアゲハチョウです。10年掛かりましたね。安定的に育てる為 幼虫を育てるため 楠科の植物を山から探し求めて「ニッキの木」見付けて庭に植え付け 今は直径150㍉程度に育って 毎年アオスジアゲハチョウが来て産卵して成蝶が沢山羽化して やまびこさんを喜ばせています。2~3匹で青空を乱舞している姿は素晴らしいですよ❣!!!! ニッキの木の下に繁茂しているアオジソのはなの蜜を漁っています。 
画像

画像

画像

世界で美しいと言われている南米アンデスにいるオオルリオビタテハチョウです。これに似た蝶々が日本にいます。このチョウチョを何とか育てようと挑戦しました。10年掛かて成功しました。上の アオスジアゲハチョウです。
DSC00342.JPG
隔絶されているギヤナ高原で発見されている昆虫やチョウのほどんと ここ山武市で見られる ものと一緒だったのに驚いたよ。
DSC00390.JPG
 コガネムシの種類は多く 此処 山武 でも ゴールドやシルバーなども見られますよ。此処 ヒメジョーンのフイルドだけでも、コガネムシの種類は30種類ていどは 確認できます。
ヒメジョンの花で花粉をあさっている黄金に輝くハナムグリコガネ(8㍉程度) 写真をクリックして拡大して見てね。
画像

DSC00482.JPG
いぶし銀色のハナムグリがアサヒに輝いて素晴らしい ハナムグリが居たので撮影しました。めずらしいね!
大きさは8ミリ程度の小型のハナムグリでした。
画像

DSC00481.JPG
DSC00484.JPG
 素晴らしい黄金のゾウムシを発見して撮影しました。12ミリ程度の大きさでした。日本にも世界に誇れる昆虫が沢山居ますよ。世界の果てまで行かなくても 探してみてね。
画像

 見るも無残なトマト(露地栽培)トマトハウス内のトマトは何とか収穫できています。7/17
DSC00194.JPG
 美しい夕映え 7/17 18:40 静々と夢の彼方に誘ってくれました。
DSC00200.JPGDSC00206.JPG
DSC00212.JPG
DSC00214.JPG

 今日畑に行き収穫作業を終えて 一休みしてから二階のプライベートルームに登らうととして 階段に行ったところ 側壁に日本一大きなアシダカクモ(130㍉益虫)がやまびこさんを先導するかの如く ポンポンと飛び跳ねて先導してくれました。嬉しいね! これが 御婆ちゃんだったら 先導どころか脱兎のごとく逃げてしまいます。こんな クモでも何時も箒で追い回されている人は覚えていますね。お驚いてしまいます。我が家には蜘蛛はいるが ゴキブリはクモの御蔭で一匹もいませんよ。やはり殺虫剤使用よりも自然の昆虫と仲良くして害虫駆除するほうが 自然の摂理に合っていますよ。「人間よ もう一度 昆虫を見直すべし!!!」
DSC00222.JPG
DSC00219.JPG
DSC00217.JPG
画像


7/19 珍しい 陽が射すと金色に輝く美しい キマダラオオナミシャック (55㍉程度)を果樹園で見付けました。サルナシやマタタビに着く蛾です。滅多に見ることは御座いませんね。
DSC00233.JPG
DSC00282.JPG
 裏側
DSC00239.JPG
 陽が当たると黄金に輝ききれいですよ。
DSC00262.JPG
DSC00280.JPG

 久々に洗濯日和ですね。
DSC00227.JPG

 今日の収穫 キュウリ・トマト・ナス・カボチャ 7/17
DSC00196.JPG
初物 栗カボチャの煮付け ホクホクしてとても美味しかった。おばあちゃん 早速 御重箱に一杯 踊りの会に持参して行ったよ。
DSC00223.JPG
 収穫の終わったスイカ畑 捨てられたスイカに群がるカラス  やまびこさんのプライベートルームの東側の窓外の畑の現状です。風に乗って甘スパイ匂いが部屋の中まで入ってきますよ。7/22
DSC00260.JPG
 7/30 スイカ畑は 次の耕作のため トラクターで耕運しています。
DSC00448.JPG
 収穫の終わったトウモロコシ畑にむらがるカラス 数十匹が乱舞して賑やかですよ。7/22
DSC00333.JPG
 7/30 トウモロコシ畑は 次の耕作のため トラクターで耕運しました。
DSC00447.JPG
 7/22 の収穫 淋しく成ってきた野菜の収穫物 
DSC00336.JPG
 8/13 畑の収穫物も めっきり少なく成りました。でも ガン治療中の へとへと農夫 何とか頑張って趣味の家庭菜園を楽しんでいます。
一日の人生を毎日積み重ねて 新記録を楽しんでいます。生きていることは素晴らしいね。ガン等には負けないぞ!!!
DSC00762.JPG

この記事へのコメント